不妊治療技術の進歩!卵子提供とは?

卵子提供を受ける選択肢

不妊治療に悩む夫婦の選択肢の一つとして、卵子提供があるのをご存じでしょうか。自分の卵子ではない、つまり第三者からの卵子で妊娠を試みることができるのです。早発閉経や卵巣摘出により卵子が作れなくなったり、体外受精を何度しても妊娠ができないなどの理由で子宮には問題がない場合は、卵子提供を選ぶ夫婦が近年増加しています。親族からの提供でない場合は、夫の精子と他人の卵子とを対外受精させる為、遺伝子的には他人でありながらも受精卵は妻に移植するため妊娠期間を通して母親になる準備ができます。しかし卵子の提供を受ける場合、多くの場合には高齢の為、高齢出産によるリスクが高まることなども考え卵子提供を考えなければいけません。

卵子提供に対する日本での課題

卵子提供という選択肢がありますが実際日本で卵子提供を受ける場は限られています。卵子提供者も身内や友人などになります。日本では倫理的問題や法整備ば進まない為に日本ではなく海外、特に台湾、タイ、アメリカなどへ渡り卵子提供を受けて、日本で出産するという人が多いのが現実です。そしてドナーも日本居住の女性が提供するために、海外に出ていくというケースも増えています。また卵子が商業主義的に売買される懸念もあります。年齢的限界を感じ諦めてきた不妊治療に対し新たな治療の選択肢が広がり長年不妊治療で悩む夫婦にとって希望の光と言えますが、倫理的な問題や将来子どもにどう話すかなどの課題を乗り越えなければいけないという課題もあります。