卵子提供プログラムとは?赤ちゃんを授かるために

不妊治療は一般化している

卵子提供プログラムとは、第三者であるドナーから卵子の提供を受けて、配偶者である夫の精子とドナーの卵子を体外受精させる不妊治療です。そして、受精技術によって受精卵となった胚を、妻の子宮に移植することで、妻自身が自分で妊娠・出産するプログラムとなります。妻が出産した子供は、法律および戸籍上、夫婦の実子となることが定められています。昨今、卵子提供による不妊治療は一般化しており、背景には女性の社会進出や晩婚化が挙げられます。初婚年齢の上昇にともなって、出産年齢も上がっており、妊娠適齢期を過ぎてしまう傾向にあるわけです。それ故、現在の風潮が続く中では、卵子提供プログラムの需要は益々高まると予想されます。

多数のドナーを保持するメリット

卵子提供プログラムに携わる企業では、日本人が日本人を支えるシステムの構築を図っており、多数のドナーボランティアの協力を得ています。業界大手の関連企業は、卵子提供プログラムのパイオニアとして、業界最大級の卵子バンクも運営しています。何よりも、不妊治療の患者夫婦が安心して卵子提供を受けられるように、最大限の配慮がなされているわけです。また、多数のドナーを保持することで、待機時間が大幅に短縮されるので、加齢に伴う出産リスクを低減できます。また、業界大手だからこそ、夫婦の要望によって、プログラム提供場所をハワイや台湾など、日本国外に設定する事も可能です。それぞれ現地スタッフが手厚くサポートするので安心です。